相続税はコレで準備万端

いつ必要になるかわからない相続税の知識について、基礎的な内容を中心にご説明します。

相続税の修正申告とはどういう物か

亡くなった人の財産を相続人が受け取る場合に支払う税金が相続税です。
また相続人ではない人が財産を受け取る場合も結果的に相続しているという事になる為、この税金を払わなければいけません。
相続税は故人が無くなったと知った翌日から10か月以内に相続する人の住所が有る所を管轄している税務署で申告と納税の手続きを行う事になっています。
まだ話し合いの最中で財産が分割されていなかったとしても、10か月以内に申告しなければならず、まだ話し合いの最中だからといってその期限が延長される事はありません。
そのため、財産の分割に基づいて計算した納税額と申告した税額が変わる場合があります。
その場合は実際の額に合わせて修正申告、若しくは更正の請求をする事が出来るのです。
最初に申告をした金額よりも実際の税額の方が多い場合は修正申告、反対に実際の税額の方が少ない場合は更正の請求を行います。
注意したいのは、修正申告がある場合はペナルティが課せられてしまう場合があるという事です。
実際の納税額に比べると少ない税額を申告したという場合は、自分で気づいて修正すれば良いのですが、税務署の側から指摘されてしまうと通常の税額にプラスして加算税の額も合わせて納税する事になってしまいます。
相続税の計算はとても複雑で、さらに財産分与が終わっていない状態で計算するとなるとミスが起きやすくなってしまいますが、その結果ペナルティが発生する場合も有る為、ミスせずに申告する事、数字に違いがある時はすぐに修正しておきます。