相続税はコレで準備万端

いつ必要になるかわからない相続税の知識について、基礎的な内容を中心にご説明します。

相続人と相続税の基礎知識について

遺産相続では、まず遺産を相続する人を確定させなくてはなりませんが、相続する人には法定相続人と受遺者がいます。
法定相続人は民法で定めており家族や身内が対象になります。
優先順位は、配偶者、次いで子供、子供が死亡している場合は孫、孫が死亡している場合はひ孫、次いで直系の両親、両親が死亡している場合は祖父母、次いで兄弟や姉妹、兄弟や姉妹が死亡している場合は姪や甥になります。
故人とのつながりで存命の方に権利が移行していきます。
ちなみに、養子、前妻や前夫に引き取られた血縁関係のある子供、認知している子供、行方不明者の家族や親族なども対象です。
対して、受遺者は個人が残した遺言により遺産を遺贈される人です。
法律上の相続人よりも受遺者の方が相続順位が高いため、遺言の内容によっては他人が遺産相続することもあります。
ただ、遺族としては故人の遺言とはいえ他人に遺産を持っていかれるのは我慢ならないこともあるため、民法で遺留分という規定を定めています。
遺留分は遺族が最低限相続できる遺産で、遺留分を超えて受遺者が相続した場合は兄弟や姉妹を除く相続権利を持つ親族が遺留分の返還を主張することが可能です。
そして、遺産相続をした時に相続額によっては相続税も発生します。
遺産を相続した人に支払い義務があるため、相続した遺族だけではなく受遺者も支払う必要があります。
遺産相続は放棄することもできるため、よく考えて相続をしましょう。